「ほっ」と。キャンペーン
BelGiappone
             
           
           
ブタがいた教室、その後について
ヴェネツィアのカモメ
ヴェネツィアで見たカモメ



先日書いた『教育?生き物を殺すということ』にはたくさんのコメントありがとうございます。皆さんの異なる様々な意見を拝見してとても参考になりました。以前から感じていることだけど、日本人は食事に対してとても厳格ですよね。良い面はたくさんあるけど、もう少し柔軟になっても良いかなと思っています。コメント欄に返信を書くよりも、新たな記事を起こした方が良いかなと思って、本記事を書きます。


僕ももちろん「命の大切さ」や「食べることへの感謝」という教育は必要だと思います。それは身の回りのものを良く観察して、僕たちの食事がどのように作られているかを知り、たくさんの命や労働や資源の上に成り立っていることを考えることだと思います。戦後の日本は「豊かさ」を得た代わりに「大切さ」を感じにくい社会になってしまいました。毎日何トンもの残飯を廃棄している同じ地球上に、毎日飢餓で死んでいる子供たちがいる。これは教室でもよく考えなければならないと思います。


でもここで僕が疑問に思うのが、12才に満たない小学生がブタを飼って、そのブタを最終的に食べるという教育は必要なのかということです。
賛成の人は「尊い命をいただくという事実をもっと知るべきである」と言うけど、知ることと殺すことは違うと思うのです。


1年間、子豚と過ごした子供たちは最後に「Pちゃんを殺さないで・・・」と泣き叫びます。当然でしょう。でも大人たちは「これは食べるために飼ってきた豚だから殺して食べるんだよ」と言います。鶏も豚も牛も殺して食べていますが、小さな子供たちが友達のように育てた豚を殺す必要性はないと思います。「なんでPちゃんを殺すの?」という子供たちの声が真実です。Pちゃんを殺さなくても食べることの大切さは十分に伝わりました。殺さないことで「命の尊さ、大切さ」を教えるべきかと思います。


いろんな意見があると思います。でも教育は「愛」を無視しては成り立たないと思います。子供たちの必死な声を第一に考えるのが教育の原則だと思います。


【2010年2月22日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】

フィレンツェのホテルが最大25%オフで泊まれます!

いつもお世話になっているフィレンツェのホテルから連絡があって、4月、5月、6月の宿泊を最大25%オフにしてくれるそうです。詳しくはアーモイタリアの「フィレンツェ Hotel Executive」をご覧ください。
小さくて豪華で、フィレンツェで一番お勧めのホテルです。

[PR]
by orvieto2002 | 2010-02-24 16:13 | イタリア在住日記
<< フィレンツェの美味しいレストラ... 教育とはなにか。ブタがいた教室 >>



イタリア生活、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しく伝えます。
by orvieto2002
今日の僕の順位!!いい感じ。
blog ranking

堂 剛(ドウ ツヨシ)
1972年東京生まれ
2004年よりイタリア在住
フリーライター、Webデザイナー、翻訳・通訳、ツアーコーディネート

イタリアやオルビエートに関してお気軽に質問ください。原稿依頼、通訳・翻訳依頼、取材等もこちらのメールへお願いします。
tsuyoshi@belgiappone.com
tel: +39 347 9920 929


フィレンツェのアパートメント
ミラノの良好ホテル CLOMBIA
ローマのお勧めホテル Varrone
フィレンツェ Hotel Executive
オルビエートのホテル Maitani
美術館の無料予約代行します
ローマから日帰り旅行
イタリア旅行の質問掲示板


イタリア旅行情報サイト
イタリア旅行情報サイト アーモ・イタリア

ネットでイタリア語を勉強する
ネットでイタリア語

イタリア語の本と映画を紹介
イタリア語お勧め本・映画

イタリアからニュース発信!
Love Italy News

ミラノの歩き方・旅行情報
アーモミラノ

» イタリア料理教室ラ・ミモーサ
» フラワーアレンジメント教室
» Travel Guide AMOITALY
» フィレンツェのアパート
カテゴリ
全体
イタリアの質問に答えます
イタリア在住日記
イタリアから見た日本
イタリアの面白話
イタリアの変な習慣
イタリアで発見変なもの
レストラン・食・町案内
美しい街オルビエート
イタリア発信ニュース
イタリア写真集
お気に入りブログ
うちの食卓 Non so...
美味しいイタリア語三昧
イタリア料理留学日記
Lo Spezzino
いいこと日記 幸せへの道
もぐもぐイタリア!
食卓から愛をこめて
たくさんのありがとうを君に…
newgrange
猫と地中海
ガジュマルの木陰で
たとえばこんな■イタリア語
マレーシアJB便り
ラ ドル知ヱ 美ータ。
diario dello...
◆◇イタリアに恋して◇◆
以前の記事
2016年 01月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧