BelGiappone
             
           
           
<   2004年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
イタリアの女性雑誌って・・・
a0001226_1838948.jpg
イタリアの女性雑誌(リビスタ rivista)ってすごいんです。もうなんだか日本のバーゲンみたい。全部にオマケが付いているんです。
「今週は、可愛いバックが付いて、たったの2ユーロ」ってな感じ。
今まで見たオマケ(レガーロ regalo)は、ショッピングバック、下着、水着、サングラス、ブレスレット、アンクレット、Tシャツ、パンタローニ、口紅、マニキュア、などなど。
赤ちゃん雑誌にもオマケが付いてました。Tシャツ、靴、帽子、ガラガラ、おしゃぶり、などなど。
写真はビーチサンダルが付いてたったの1ユーロ。買ってみました。
サンダルは、うーん中国製だろうなぁ。肝心の雑誌の中身は、うーんイマイチ。1ユーロ、そういうことです。ハイ。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
イタリア留学:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2004-07-30 18:40 | イタリアの変な習慣
ガスボンベが切れた!!
a0001226_0423087.jpg

おととい、家のキッチンのガスボンベが切れました。家にはガス(gas)が通ってなくて、キッチン(クチーナ cucina)は昔ながらのボンベ(ボンボラ bombola)方式なのです。
で、どうするかというとガスボンベ屋さんに電話するんです。このアパート(アッパルタメント appartamento)に引っ越して1ヶ月。初めての経験です。
「プロント(pronto もしもし)、ガスボンベが終わっちゃったんですが・・・。」
「だれ?(キ エ? chi e`?)」
「あの〜、初めてなんですが。住所は・・・」
こんな感じです。待つこと3時間。恰幅のいいおじさんが緑色のボンベを担いで来てくれました。
「だいたいどれくらい保つの?」「うーん、普通に料理していて40日くらいかなぁ。」
お値段は21.5ユーロ=約2,800円。
イタリア生活では色々な驚き(ソルプレーザ sorpresa)と新しい経験(エスペリエンツァ esperienza)が待っています。ハイ。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
イタリア留学:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2004-07-30 00:42 | イタリア在住日記
イタリアの生ハム+メロン
a0001226_21561416.jpg

イタリアに来て驚いたことがあります。沢山ありすぎて困るんですが、その中の一つ。それははじめて留学に来たときのこと。イタリア人の同居人が「Tsuyoshi、お昼買ってきたから一緒に食べないか?」、もちろんオッケー。テラス(テッラッツォ terrazzo)で食べよう!!ってことになりました。
待つこと15分。彼は片手に赤ワイン(ヴィーノロッソ vino rosso)、片手になんと生ハム(プロシュート・クルード prosciuto crudo)とメロン(メローネ melone)を丸ごと一個持ってきました。
「???」って顔をしている僕に、「サルーテ!(salute!)」とひとまず乾杯。そして「食べろ」と言わんばかりに、半分に切ったメロンを差し出したのです。そうなんで、これが有名なあの「生ハムメロン」なんです。
僕はてっきりあれはパーティー料理だと思っていたし、お昼に出てくるとは想像もしなかったし、しかも一人メロンまるごと半分なんて・・・。
そのランチ(プランツォ pranzo)は、ヴィーノ・ロッソとメローネとプロシュート・クルードで終わり。だって、メロン半分ってお腹いっぱいになるでしょ。
で、写真は昨日の夕食(チェーナ cena)の一品。人呼んで「生ハム・イチジク」。昨日八百屋さん(ネゴーツィオ・ディ・ベルドゥーレ negozio di verdure)に行って、「これイチジク(フィーコ fico)でしょ、どうやって食べるの?」って聞くと、「生ハムと一緒か、パンに乗っけても美味しいよ」とのこと。
早速試してみたんです。なかなか美味です。もちろんヴィーノ・ロッソと一緒に。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
イタリア留学:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2004-07-29 21:58 | レストラン・食・町案内
イタリア=ジェラート大国
a0001226_23572879.jpg

イターリア→エスターテ(estate 夏)→ジェラート(gelato)。今こんな図式が成り立ちます。そうです、イタリアは今ジェラートであふれてます。「Tsuyoshi、暑い?じゃ、ジェラートを食べよう。」「Tsuyoshi、休憩しない?ジェラートでもどう?」てな感じ。
そもそもの発祥はシチーリア(sicilia シチリア)で冬(インヴェルノ inverno)の食べ物です。というのも山頂から氷を持っておりて作り始めたのが起源だとか・・・。
新聞(ジョルナーレ giornale)に興味深い記事(アルティーコロ articolo)が載っていたので簡単に紹介しますね。
イタリアでのジェラート消費量=年間330,000トン。一人当たりの年間消費量=12キロ。お店の数=32,800店舗。従業員数=150,000人。
ムムム、一年で12キロも食べているのか・・・月1キロ。しかも知ってますか?イタリアではジェラートの上に生クリーム(パンナ panna)を思いっきり乗っけるんです。
ジェラートを頼むと、「ヴオイ パンナ?(生クリームいります?)」と必ず聞かれます。僕はいまだに乗っけたのを食べたことないんだけど、イタリア人はたいてい乗っけます。お、お、恐るべし!!!
写真は僕のお気に入りの一軒、ローマ・パンテオン広場近くのジェラテリーア(gelateria ジェラート屋)。ジェラートの上には何が入っているか一目でわかるようにフルーツが乗っていて、なんとも食欲をかき立てます。
しかも店内には50種類を超えるジェラートがズラーッ。簡単に味の種類(グスト gusto)を紹介。
ピンク・グレープフルーツ、マンゴ、レモンチェッロ、パッションフルーツ、ラズベリー、ブルーベリー、スミノミザクラ、桑の実、ピスタチオ、お米、イチジク、スターフルーツ、・・・。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
イタリア留学:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2004-07-28 23:59 | レストラン・食・町案内
イタリアでアパートメントを借りよう。
a0001226_1740436.jpg
僕が住んでいるアパート(アッパルタメント appartamento)はとても居心地がいいんです。なぜって日本では借りられないくらい広いんだから・・・。
居間(ソッジョルノ soggiorno)+キッチン(クチーナ cucina)+寝室(カメラ・ダレット camera da letto)+トイレ(バンニョ bagno)・浴槽付きシャワー(doccia con vasca)+バルコニー(バルコーネ balcone)で、さらに家具付きなんであります。
テレビ(テレビソーレ televisole)だけはなくて自分で手に入れましたが、ベッド(レット letto)2つ、ソファー(ディヴァーノ divano)2つ、タンス(アルマーディオ armadio)など一通りそろっていました。
さらに、居間には暖炉(カミーノ camino)まで付いています。使えるそうです。
それでいて家賃は日本より格安。不動産屋への手数料(コッミッショーネ commissione)が1ヶ月分で、他に税金などかかりますが、それでも広い家っていうのは気持ちがいいもんです。
でもこれは、僕の住む町オルヴィエートの話。ローマでアッパルタメントを借りようとすると、なんと、家賃は最低でも8万円。10万円以上のワンルームもたくさんあります。
じゃ、買ってしまおう!と思うと、これがまた、小さいアパートメントでも6000万円から。中心にすこしでも近いと億ションだらけなんですねぇ。永遠の都ローマには世界中のお金持ち(リッコ ricco)が住んでいるんです。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら、
美しい町、オルヴィエートで。
イタリア留学:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2004-07-27 17:30 | イタリア在住日記
イタリア人は、海が大好き・・・。
a0001226_17421861.jpg

イタリアは今夏休み。ヴァカンツァ(vacanza)の真っ最中である。7月の中頃から8月一杯は学校が休みだし、会社員(インペガート impiegato)も2週間ぐらい夏休み(ヴァカンツァ・デスターテ vacanza d'estate)を取ります。
で、イタリア人は夏休みをどうやって過ごすか、というと・・・・なんと、答えはただ一つ、“海”なんです。みんな、僕の感覚では90%の家族(ファミーリア famiglia)が海(マーレ mare)に行くのです。
海に行くといっても、日本の感覚とはチトちがって、サルデーニャ島やシチリア島、北アフリカ、スペイン、クロアチアなどへ1週間以上滞在するんです。しかもみんな車で。
どういうことが起きるかというと・・・高速道路は超渋滞、車の事故多発、町はガラガラ、お店が閉まる、海はイモ荒い状態、海の家で借りるビーチマットは20E・・・などなど。
でも皆、車にアイスクーラー、ビーチボール、ビーチボート、バスタオル、ビーチパラソル、ビーチチェアー、子ども、赤ちゃん、妊婦さん、近所の可愛い女の子、などなどを積んで出かけます。
砂浜(スピアッジャ spiaggia)は有料の所が多く、夜はディスコ・バーとなり、夜な夜な踊り明かします。もうその“はしゃぎっぷり”は大変、若者だろうがお年寄りだろうが、真っ赤に焼けた肌でガンガン踊ります。それが一週間。
仕事、学校に復帰すると、皆がみんな、焼きすぎた肌で登場します。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら、
美しい町、オルヴィエートで。
イタリア留学:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2004-07-26 17:44 | イタリアの変な習慣
信じられない!ショーペロの実話。
a0001226_17125952.jpg

先日、ショーペロ(sciopero ストライキ)がありました。イタリアに住んでいると「ショーペロ?またか・・・」ってな、日常的な感覚になってしまうんですが、新聞を読んでいてビックリ!!
インクレディービレ(incredibile 信じられない)、なんとケータイ電話(チェッルラーレ cellulare)のショーペロがあったのです。新聞記事(クローナカ cronaca)によると、お昼の12時〜14時までの2時間。
電話をかけることも、メッセージを送受信もできないんです。ケータイが使えないなんてジャッポーネ(giappone 日本)ではちょっと考えられないですが、実際に起こったんです、イターリア(italia イタリア)では。
これは余分なサービス、詐欺的なプロモーション、高価なメッセージ送信と、高額な国際ローミングに反対するものだそうです。
調査によるとこのブラックアウト(black-out 停電)による被害は、5億ユーロ(650億円)に上るそうです。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら、
美しい町、オルヴィエートで。
イタリア留学:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2004-07-24 17:12 | イタリアの変な習慣
イタリアの美味しい話。
a0001226_1733346.jpg
先日、ベバーニャ (Bevagna) という中部の小さなかわいい町のフェスタに行ってきました。この時期・夏(エスターテ estate)は至る所でフェスタ(festa 祭り)をやっていて、聞いたことのないような小さい町でも、ワイン祭り、ビール祭り、ニョッキ祭り、パスタ祭り、などなどが開かれます。僕の町オルヴィエート(orvieto)の近くだと、土地柄か、イノシシ肉祭りってなのもあります。
それで、行ってきたベバーニャという町では、中世(メディオエーボ medioevo)を真似た祭りを毎年やっていて、町中を昔風に彩るというものです。紙すきや硬貨作りをデモストレーション(モストラツィオーネ mostrazione)したり、リストランテでは中世の衣装を着たカメリエーレ(cameriere ウェイター)が中世時代の料理のみを出します。
ちなみに、夜僕が食べたのは、鴨肉の白ワインソース。アチェート(aceto お酢)とおそらくケイパーの酸味が利いていて、何とも言えず美味しかったです。
写真は翌日の昼食の料理。スタッフの方に招待されて、長テーブルにずらーっと30人くらいで食事しました。これだけで、もうイタリアの大家族って感じなんですが、なんと、パスタ(pasta)がバケツに入って出てきたんです。
ポモドーロ(pomodoro トマト)とサルシッチャ(salscccia 腸詰め)のペンネ(penne)で、驚くほど美味しかったです。やっぱりオリーブオイル(オーリオ・ドリーバ olio d'oliva)が違うんですかねぇ〜。
盛ってくれる量も半端じゃないし、食べたら食べたで、「もっといるかい?マンジャ、マンジャ(食べろ、食べろ)!!」ってな勢いです。
この勢いに慣れないと、なかなかイタリア生活は疲れます。でも慣れてくると、とっても居心地がいいんです。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら、
美しい町、オルヴィエートで。
イタリア留学:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2004-07-23 17:35 | レストラン・食・町案内
ナーポリ第2弾。
a0001226_1839122.jpg
前回、ナーポリの良いとこ(美味いもの)ばかり書きましたが、旅行する上での注意点もあります。
『ナーポリは泥棒の町』です。
地元の人も皆言うんだから本当です。ナポリターノ(napolitano ナポリ人)も皆リュックをお腹側に背負ってバスに乗りますし、地下鉄(メートロ metro)でも荷物はしっかり握ってます。
例えば、警察署の前に車を止めて、もちろん鍵を閉めて、30分後に帰ってくると車がない・・・なんて笑い話もありますし、大戦後アメリカの戦艦がナポリ港に一晩停泊したら、翌朝までに全部解体され鉄くずとして売られて陰も形もなくなっていた・・・っていうお話もあります。
何年か前には、自転車で世界一周を目指している中国人が、ナーポリで自転車を盗まれたっていう実話までも。
十分に警戒していれば何も問題はありません。景色(パエサッジョ paesaggio)は最高、食べ物(チーボ cibo)も美味しい。
で、今回初めて気づいたのが、写真にも載せた、ハンドルカバー。べつにイタリアの直射日光から守るためのものではありません。泥棒よけです。世界には色々とハンドルストッパーが存在しますが、こんなにばかでかい、立派なやつは見たことなかったです。ちょっと笑っちゃいますが、これが現実なんですね。
ナーポリに遊びに来る方もぜひこのハンドルカバーを見習ってくださいね。要するに警戒していることを周りにアピールするんです。あと、夜の外出はくれぐれも控えましょう・・・。
もう一度、イタリアの有名なことわざを。
Vedi Napoli , e poi muori.
ナポリを見てから死ね。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら、
美しい町、オルヴィエートで。
イタリア留学:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2004-07-22 18:40 | レストラン・食・町案内
ナポリを見て死ね!!
a0001226_1791665.jpg
先日ナポリに行ってきました。僕はオルヴィエートという小さな町に住んでいるので、ナーポリ(Napoli)のような大都会に行くと圧倒されます。ローマとは違うんです。ナーポリなんです。
まず感動するのがビルが建っていること。イタリア、特にフィレンツェ以南に住んでいると、高層ビル(グラッタチエーロ grattacielo)というものを全くみません。もちろんローマやフィレンツェも建てること自体が法律で禁じられています。
ここオルヴィエートも一番高い建物(パラッツォ palazzo)で3階建てです!時計塔(トッレ torre)を除いて・・・。ナーポリには予想と裏腹に近代的なビルが建っています。
ナーポリと言えば、ピッツァ(pizza)。僕はイタリアに初めて来たとき、美味しいローマのピッツァを食べて、いたく感動したんですが、ナーポリのピッツァは比べもんになりません。まじウマ。東京の最高級のピッツァを10倍美味しくした感じ・・・。
ポモドーロ(pomodoro トマト)とモッツァレッラ(mozzarella)とバジーリコ(basilico)を乗せただけのマルゲリータ(margherita)がナーポリでは王道なんですが、それがベラウマ!地元の人でにぎわうピッツェリーア(pizzeria ピザ屋)をぜひ見つけてください。
テーブルなどなく立って、もしくは歩きながら食べるんですが、注文して目の前ですぐに作ってくれる熱々のマルゲリータは最高です。たったの3.50ユーロ。
あとナーポリではカッフェも最高です。イタリアのカッフェ(caffe` エスプレッソ)はどこもとても美味しいですが、ナーポリはイタリアで一番カッフェの美味しい町なんです。僕はあまりカッフェを飲まないんですが、それでも、あまりの美味しさに感動したのを覚えています。
イタリア人曰く、ナポリの水がカッフェに合っているとのこと・・・。あと入れ方も微妙に違うのだとか・・・。
次にドルチェ(dolce 菓子類)。南に行くとお菓子が甘く、より伝統的になっていくんですが、僕はナポリのドルチェが一番だと思います。カラフルで可愛らしくて、イタリア!って感じで訴えてきます。
特にババ(Baba`)。カップ型スポンジケーキをラム種浸けたやつ。1ユーロくらいで、食べる直前にシロップをタラーっとかけてくれます。もうこれは買い占めてお台場で店を開こうかしら、ってほど美味(スクイズィート squisito)です。
最後に、イタリアの有名なことわざを。
Vedi Napoli , e poi muori.
ナポリを見てから死ね。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら
美しい町、オルヴィエートで。
www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2004-07-22 17:11 | レストラン・食・町案内



イタリア生活、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しく伝えます。
by orvieto2002
今日の僕の順位!!いい感じ。
blog ranking

堂 剛(ドウ ツヨシ)
1972年東京生まれ
2004年よりイタリア在住
フリーライター、Webデザイナー、翻訳・通訳、ツアーコーディネート

イタリアやオルビエートに関してお気軽に質問ください。原稿依頼、通訳・翻訳依頼、取材等もこちらのメールへお願いします。
tsuyoshi@belgiappone.com
tel: +39 347 9920 929


フィレンツェのアパートメント
ミラノの良好ホテル CLOMBIA
ローマのお勧めホテル Varrone
フィレンツェ Hotel Executive
オルビエートのホテル Maitani
美術館の無料予約代行します
ローマから日帰り旅行
イタリア旅行の質問掲示板


イタリア旅行情報サイト
イタリア旅行情報サイト アーモ・イタリア

ネットでイタリア語を勉強する
ネットでイタリア語

イタリア語の本と映画を紹介
イタリア語お勧め本・映画

イタリアからニュース発信!
Love Italy News

ミラノの歩き方・旅行情報
アーモミラノ

» イタリア料理教室ラ・ミモーサ
» フラワーアレンジメント教室
» Travel Guide AMOITALY
» フィレンツェのアパート
カテゴリ
全体
イタリアの質問に答えます
イタリア在住日記
イタリアから見た日本
イタリアの面白話
イタリアの変な習慣
イタリアで発見変なもの
レストラン・食・町案内
美しい街オルビエート
イタリア発信ニュース
イタリア写真集
お気に入りブログ
うちの食卓 Non so...
美味しいイタリア語三昧
イタリア料理留学日記
Lo Spezzino
いいこと日記 幸せへの道
もぐもぐイタリア!
食卓から愛をこめて
たくさんのありがとうを君に…
newgrange
猫と地中海
ガジュマルの木陰で
たとえばこんな■イタリア語
マレーシアJB便り
ラ ドル知ヱ 美ータ。
diario dello...
◆◇イタリアに恋して◇◆
以前の記事
2016年 01月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧