BelGiappone
             
           
           
<   2005年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
イタリア人の映画の見方
前回記事のフィレンツェ人が見る『冷静と情熱のあいだ』への反応がよかったのでちょっとイタリア人の映画の正しい?見方について書きますネ。

前回は友人宅でも映画鑑賞会でのヤジ大会したが、映画館での反応もスゴイです。
イタリアでの映画上映はどんな映画も必ず2部構成にしちゃって、ハリウッド映画であろうと、日本映画であろうとかならず途中で突然『ブチッ』と切れます。ホールの電気が『パッ』と全部点いて、10分の休憩。。。僕は今だにこの習慣には慣れず、「オーイ、今いいシーンだったのに!!なんていう習慣なんだ!!!」と思ってしまいます。

イタリア人たちはこの休憩時間に色々なことをします。人間ドラマが見れて面白い。。。
1。トイレに行く(正統派+おとなしい派)
2。映画の第1部を友達と話ておさらい。(もちろん小声ではないし、意外と内容を把握できてない人が多い。ちょっと小難しい映画だと、あれ誰なの?とか、あの人同一人物?とか真剣に見ていたのか疑問になる質問も。。。)
3。これからやる第2部の予測。(当然小声ではない。頼むから小声でお願いします。)
4。恋人と熱い抱擁。(もうちょっと隠れてやりましょう。)
5。ケータイチェック。(今時とーぜん)
6。面白くないから帰る。(イタリア人の反応はけっこうシビアです。)
などなど。

一度、イタリア人の友達とイタリアの映画館で『パールハーバー』を見たとき、その友人は映画終了したとたん大声で、『ニッポン、バンザーイ!』と大声で叫びました。当然観客は全員僕たちに注目。とっても恥ずかしかったのを覚えています。
最近でこそ映画鑑賞中に大声でヤジを飛ばす人はいないですが、ちょっと前まではヤジは当たり前だったそうです(もちろんイタリアでも悪癖だという認識はありますが・・・)。
本当に、あの有名なイタリア映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のシーンにある、イタリア人が一斉にブーイングしたり、身近にあるものを投げたり、友達とふざけ合ったり、そんな状況です。
そんなわけで、イタリアでは、映画はフィルムというよりも見せ物(スペッターコロ spettacolo)という位置づけな気がします。ハイ。

---------------------------------------------------
イタリアへ留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理・芸術コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-01-31 19:03 | イタリアの変な習慣
フィレンツェ人が見る『冷静と情熱のあいだ』
a0001226_16575829.jpg

先日、フィレンツェの友達の家で映画鑑賞会をしました。見た映画は『冷静と情熱のあいだ(Calmi cuori appassionati)』イタリア語字幕版。あの竹ノ内豊とケリーチャンが主演で、フィレンツェが舞台のラブストーリーです。ちなみにジュンセイ(竹ノ内豊役)の職業はレスタウラトーレ(restauro レスタウロ=修復家)です。
で一緒に見たのは皆フィオレンティーニ(Fiorentini フィレンツェ人)。映画の感想はみな、『なんだか味気ない』だとか『見ていてイライラする』とか『観光客向けプロモーションビデオ』とか辛口のコメント。
確かにその通りで映画というよりTVドラマ(テレフィルム telefilm)ですよね。
僕が面白かったのはフィレンツェ在住の友達たちの反応。ヤジだらけです。その一部を紹介・・・笑えるので・・・
・このケリーチャンってのは性格ワルそう・・・(33才フィレンツェ女性)
・竹ノ内豊は日本で有名なの?可愛いわ・・・(31才フィレンツェ女性)
・そうかしら?全然可愛くないけど・・・(33才フィレンツェ女性)
・この教会、中の映像は違う教会を使っているよ。オイオイ。・・・(29才フィレンツェ男性)
・この人知ってる、ほらあそこに住んでいる画家の○○さんよ。(31才フィレンツェ女性)
・バーチョ!バーチョ!・・・じれったいな、さっさとキスしなさいよ!(31才フィレンツェ女性)
・セッソ!セッソ!・・・じれったいな、さっさとベットに連れ込みなさいよ!(33才フィレンツェ女性)
これはあくまで映画の最中のコメントの一部です。
もっと色んな会話が飛び交いました。。。
皆の結論としては『じれったい男と女だな。日本人はみんなこうなの?なんでさっさと自分の気持ちを伝えないの?』・・・です。
たしかに日本人の僕が見てもこの映画はなんだか『ムズムズ』します。でも一般的に、こういった静かな愛の映画は、情熱的な愛の国で生まれたイタリア人には通用しないのかも・・・。
とにかく面白い真夜中の映画鑑賞会でした・・・。ハイ。
詳しい映画情報はこちらです。

---------------------------------------------------
イタリアへ留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理・芸術コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-01-28 16:59 | イタリアの変な習慣
イタリア全土に真冬到来!!
a0001226_148157.jpg

今週の月曜日から、イタリア全土に本格的な冬が到来しました。その名もフレッド・シベリアーノ(Freddo Siberiano シベリア並みの寒さ)。
名前からして寒そうです。オルヴィエートも火曜日から雪が降り、町を歩くと耳がコンジェラート(congelato 氷結します)。写真は1月26日現在のオルヴィエート風景(ちなみに僕のアパートから見た庭風景、当然僕の庭ではありません)。いかにも寒そうでしょ。
イタリア全土と書きましたが、本当に全土です。ナポリもヴェズヴィオ火山(Vesuvio)の山頂に雪が積もっていますし(当然町なかも)、シチリア島は大量の雪で交通マヒを起こしています。
学校も各町で休校となっています。というのも、イタリアは子供の誘拐が多いのと、根っからの車社会ということもあって、車での子供の送り迎えは親の仕事なんです。
学校の通学バスも当然動かず、通常のバスも不通の町が多いです。
この時期にイタリアに来る方は、最大限の防寒具が必要です。手袋、帽子、暖かいコート、使い捨てカイロなど。
でも車が少なくてのんびり観光、美術館巡りには最適かも・・・。

---------------------------------------------------
イタリアへ留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理・芸術コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-01-27 01:46 | イタリア発信ニュース
フィレンツェ風もつ煮込み
a0001226_19242344.jpg

フィレンツェ(Firenze)の裏道を散策したことのある人はご存知だと思います。
フィレンツェの地元料理の一つに”モツ煮込み”その名も『ランプレドット(Lampredotto)』があります。
これはトリッパ(trippa 牛の胃袋のトマト煮込み)に似ているのですが、部位は胃袋ではなく内蔵(interiore インテリオーレ)全般を使います。
この絶品地元料理は、フィレンツェの裏道の広場(ピアッツァ piazza)に出ている車屋台(バンカレッラ bancarella)で売っていて、昼時になると地元の現場作業員(オペラーイオ operaio)たちで混雑します。
トマトも少し入っているようですが、基本は塩味+ニンニクで想像よりもあっさり、鍋からすくってくれて、こしょう少々、辛いソースとバジリコ・ソースをかけてくれます。
これに、切ったパンを添えてくれて、3.5ユーロ(約500円)。もう絶品です!
良く煮込まれたモツは、舌の上でとろけ、バジリコの香りが脂っこさを消してくれます。量はイタリアサイズで山盛り。ランチにはぴったりです。
この他に、ランプレドットをパニーニにはさんだのが2.5ユーロ、トリッパ(胃袋のトマト煮)や牛胸肉の煮込み(←次回はこれに挑戦)なるものまでありました。
ワインも売っていて、時間があったらトスカーナの赤ワインと一緒に食べたいものです。
ぜひフィレンツェに行って美術館を堪能した後は、このフィレンツェ地元名物料理『ランプレドット』をお試しあれ!!!味は僕が保証します。ハイ。

---------------------------------------------------
イタリアへ留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理・芸術コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-01-25 19:24 | レストラン・食・町案内
イタリア人はお風呂嫌い?
イタリア生活について少し書きます。。。

イタリア人ってお風呂にあまり入りません。
このブログはイタリア人も見に来てくれているので語弊のないように書きますが、『イタリア人はあまりお風呂に入りません』←何も変わってない・・・。
でも本当なんです。
日本人が綺麗好きというか、トロッポ(余計に)お風呂好きなんでしょうが、イタリア人は2日に1度、もしくは3日に一度シャワーを浴びます。髪を洗うのも3日に一度だったり、もしくはそれ以上だったり。。。
理由はいくつかあります。

1. 毎日入らない習慣がある(日本人が毎日入るように)
2. 光熱費が高い。イタリアのエネルギーはほぼ外国から購入してます。
3. あまり汚れない。冗談みたいなホントの話。湿度が低いので日本に比べて汗をかきません。汗をかかないので、洋服もあまり洗濯しません。
4. 各家庭にビデがあって、これで済ませる。これはやはり習慣の違いでしょうね。
5. 気にしない。←うーん、イタリアっぽい。

これはあくまで僕がイタリアで生活して感じた個人的な意見です(が多くのイタリア人にあてはまると思います)。もちろんシャワー好きのイタリア人も沢山います。

一度、『日本人は子供も毎日シャワー浴びるの?』とすこし???な質問をうけたことがあります。とりあえず『うん、たいていの子は毎日じゃないかな?』と答えました。
そんなこんなで、なんか汚いみたいですが、実際のイタリア人は日本人より、かなり綺麗好き+几帳面だと思います。特に家の中はどこもチリ一つ落ちてませんし、シャツにアイロンをかけさせたら世界一なんでは?と思います。ハイ。

PS. イタリアの光熱費は本当に凄く高いです。一度冬に暖房を適温に設定して日中ほぼ付けていたら、ガス代が家賃を超えました。電気代、ガス代はどの家庭もしっかり節約しています。
[PR]
by orvieto2002 | 2005-01-22 01:57 | イタリアの変な習慣
極寒イタリア
イタリアは今、年間で最も寒い時期にあります。
オルヴィエートも丘の上ということもあって(たとえ世界一美しい丘の上の街だとしても寒いものは寒いです・・・)、ピューっと吹く風は耳から体温を奪っていきます。寒い夜で0度、日中で5度くらいかな?クリスマス・シーズン後は人気もまばらで特に寒く感じます。
長靴半島の南の方は雪が降っています。南なのにこの時期は毎年雪が降ります。オルヴィエートは今年はまだ雪知らず。でも降るのも時間の問題という気がします。ハイ。

PS.
ちなみにイタリアのクリスマス・シーズンは1月6日のベファーナBefanaで終了します。この翌朝に一斉にクリスマス・デコレーションが取り払われるのです。イルミネーションも消えて、観光客も消えて、イタリア国内にいる人口は半分くらいになった気がします。
こういう時は美術館がガラガラ。フィレンツェのウッフィッツィ(Galleria degli Uffizi)ですら空いている日があります。美術館で一日過ごすのもいいかもなぁ〜。

---------------------------------------------------
イタリアへ留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理・芸術コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-01-20 18:00 | イタリア在住日記
イタリアでのタバコ戦争
イタリアでは2005年1月10日から禁煙法が施行され、公共の場では(喫煙場所が分かれている場所は除く)全面禁煙が決まったのです。
(関連記事はこちら… レミのイタリアLovelyニュース
イタリアのバールやレストランは家族経営(小規模店)が多いので、分煙することはほぼ不可能で、実質バールでの禁煙はほぼ100%といったところです。
『コーヒーの後に一服するのは文化だ』みたいなことを、イタリア人喫煙者は唱えていて、様々なところで色々な不満の声が聞こえました。非喫煙者の半数ぐらいも『この法案はあまりにかわいそう』と漏らしていたほどです。
タバコが一箱400円(イタリア人の初任給は10万円くらい)するにも関わらず、イタリアの喫煙率は今だ高いのです(正確な数字は未確認ですが…スミマセン)。
南の町を歩いていると『タバコをくれ』とねだってくる人や、『吸いかけでいいからくれ』という強者までいます。
この半ば強引な法案では、喫煙した場合、喫煙者には罰金27ユーロ(約3700円)、それを見て注意もしくは通報しなかった店主には罰金2200ユーロ(約30万円)です。イタリア人の月給と失業率を考えると想像を絶する高額(基本的にイタリアの罰金はどれも高額ですが・・・)で、国家の強引さと本気さが伝わってきます。

そこで昨日のニュース。
『オフィスやバールなどでタバコを吸えなくなった奥さんが、家の中で不満をぶちまけるかのようにプカプカ。業を煮やした旦那さんがついに地方裁判所に奥さんを告発』
このニュースを見たとき、イタリア人の苦労がよくわかりました。僕も喫煙家(フマトーレ fumatore)ですがほとんどストレスはなく、本当の喫煙家にとってこの法案は地獄の苦しみなんでしょう。
特に今までどこでもタバコをプカプカと吹かしていたイタリア人にとっては・・・。
今、夜のバールに行くとバールの中はガラガラで、バール前に人だかりがある始末。みんなカッフェ後(イタリアのカッフェは飲むのに2秒もかかりません)は外に出て、タバコを吹かしながらの団らんです。あまりにも寒そう。。。で、お店の中も空いていて寒々しいです。ハイ。

---------------------------------------------------
イタリアへ留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理・芸術コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-01-16 22:55 | イタリア発信ニュース
イタリアのタバッコとシガレッタの違い
a0001226_0171384.jpg

イタリアではタバコ(マルボロなど)のことをシガレッタ(sigaretta)と言います。
タバコ屋さん(タバッカイオ tabaccaio)で普通の箱入りタバコを買うときは『ウン・パッコ ディ マルボロ(un pacco di mallboro マルボロ一箱)』などと言います。
このタバコ、イタリアでも結構高価です。一箱約3.2ユーロくらい(約440円)くらいするんです。僕も喫煙者(フマトーレ fumatore)なので懐が痛い。。。
そこでイタリア(ヨーロッパ)では手巻きタバコ(タバッコ tabacco)が結構売られています。
ようはタバコを自分で巻くんです。紙は別売りで、必要ならフィルターも売ってます。紙に丁寧にタバコの葉を盛って、丸めて、最後に紙の端に付いているのり付け部分(切手の裏側みたいです)を軽くなめて、貼付けて完成。
上手くなると市販の巻きたばこと見分けがつかない丸く巻けます。
このタバッコの魅力的なのはその値段。1パックがシガレッタ1箱と同じ値段。でも50本分巻けるんです。紙代を考えても半額の安さ。
僕なんかは1度にあまり量を吸わないので、1パックで70本くらい巻けます。しかも外で風の強い日なんかは、巻くのが面倒で諦めることもしばしば。なんか自然に喫煙量が減ってきました。
もう少しで止められるかも。。。ウーン。

---------------------------------------------------
イタリアへ留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理・芸術コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-01-14 00:17 | イタリア在住日記
お正月はアッシジで過ごしました。
a0001226_1914225.jpg

自分事で大変恐縮ですが、お正月はアッシジのアグリツーリズモですごしました。
イタリア人の友達のところで、総勢20数名があつまり、夜9時から(約束は夜7時だったはずだが・・・)明け方の4時頃まで、食事、お酒、タバコ、ダンス、カウントダウン、花火、トンボラ(イタリア版ビンゴ)、チェスなどをやり続けました。
楽しかったけど、疲れた・・・。ハイ。

Il capodanno ho trascorso ad Assisi.
Scusatemi se rattonto il mio evento, il capodanno ho passato in un agriturismo di Assisi.
E' di un mio amico italiano e 20 o piu' amici sono venuti. La festa e' comintiata alle 9 di sera (avrebbe dovuto cominciare alle 7 di sera ...) ed e' durata fino alle 4 di mattina. Abbiamo continuato a mangiare, fumare, ballare, il conto rovesco, fuocchi artificiali, Tombola, scacchi.
Mi sono stato divertito, ma ero stanco......, Si....

---------------------------------------------------
イタリアへ留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理・芸術コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-01-11 19:14 | イタリア在住日記
イタリア版、忠犬ハチ公
a0001226_1734961.jpg
先日、フィレンツェ郊外の可愛らしい町(とは云っても、その近郊ではかなり栄えている立派な町です。名前を失念しました。。。調べておきます。)へ行きました。
そこはトスカーナの雰囲気プンプンの歴史ある魅力的な街で、近郊の村から夜になるとショッピングや夕食、バールやディスコテーカに遊びにくるという人気スポットです。(名前思い出しておきます。。。)
僕もそこの小さなトラットリアで昼食を食べましたが、トスカーナ料理満載で大満足でした。
さて、その昼食の帰り道、道ばたにいたのが、この『フィード君』。
ブロンズ像の下には『A FIDO SEMPIO DI FEDELITA' 』(フィードへ。忠誠の鑑(かがみ)として。)と書いてあります。
イタリア人の友達に聞くところ、フィード君は毎晩ご主人の帰りを駅前で待っていたそうです。しかもご主人が亡くなった後も毎晩その時間に駅に来ては到着を心待ちにしていたとか・・・。
ハチ公とまるっきり一緒ですネ。そのイタリア人も遠く離れた日本との偶然の一致に感動/驚いていました。。。。(なぜかハチ公のことも知っていましたが。)
ちなみに『フィード』と云う名前は、イタリアではもっとも一般的な犬の名前だそうです。日本ではポチと云ったところでしょうか。
こういう偶然を見つけるたびに、イタリアと日本との隠れた強い絆を感じるものです。ハイ。
P.S. そこの美味しいレストランの名前も今やわかりません。場所は覚えているのですが・・・。ゴメンナサイ。

---------------------------------------------------
イタリアへ留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理・芸術コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-01-07 17:34 | イタリアで発見変なもの



イタリア生活、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しく伝えます。
by orvieto2002
今日の僕の順位!!いい感じ。
blog ranking

堂 剛(ドウ ツヨシ)
1972年東京生まれ
2004年よりイタリア在住
フリーライター、Webデザイナー、翻訳・通訳、ツアーコーディネート

イタリアやオルビエートに関してお気軽に質問ください。原稿依頼、通訳・翻訳依頼、取材等もこちらのメールへお願いします。
tsuyoshi@belgiappone.com
tel: +39 347 9920 929


フィレンツェのアパートメント
ミラノの良好ホテル CLOMBIA
ローマのお勧めホテル Varrone
フィレンツェ Hotel Executive
オルビエートのホテル Maitani
美術館の無料予約代行します
ローマから日帰り旅行
イタリア旅行の質問掲示板


イタリア旅行情報サイト
イタリア旅行情報サイト アーモ・イタリア

ネットでイタリア語を勉強する
ネットでイタリア語

イタリア語の本と映画を紹介
イタリア語お勧め本・映画

イタリアからニュース発信!
Love Italy News

ミラノの歩き方・旅行情報
アーモミラノ

» イタリア料理教室ラ・ミモーサ
» フラワーアレンジメント教室
» Travel Guide AMOITALY
» フィレンツェのアパート
カテゴリ
全体
イタリアの質問に答えます
イタリア在住日記
イタリアから見た日本
イタリアの面白話
イタリアの変な習慣
イタリアで発見変なもの
レストラン・食・町案内
美しい街オルビエート
イタリア発信ニュース
イタリア写真集
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
美味しいイタリア語三昧
イタリア料理留学日記
Lo Spezzino
いいこと日記 幸せへの道
もぐもぐイタリア!
食卓から愛をこめて
たくさんのありがとうを君に…
newgrange
猫と地中海
ガジュマルの木陰で
たとえばこんな■イタリア語
マレーシアJB便り
ラ ドル知ヱ 美ータ。
diario dello...
◆◇イタリアに恋して◇◆
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧