BelGiappone
             
           
           
<   2005年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2005年のMissイタリア決定!イェ〜!
a0001226_17101446.jpg
先週の月曜日(9月19日)に今年のミス・イタリアのフィナーレがありました。去年も『イタリア発★ミス・イタリア決定!』で模様をお伝えしましたが、今年も性懲りもなくお送りします。

イタリアではミス・イタリアの選考が、日本の『紅白歌合戦』以上にメジャーかつ熱狂的です。それを証明するのが視聴率。今回の最終選考の瞬間最高視聴率は、な、なんと84%!!!この21世紀に女性の美を競うだけのテレビ番組にイタリア中が釘付けなんです。

ミス・イタリアは各町の予選、もしくはスポンサー(服飾メーカーや化粧品メーカーなど)の予選を通過した、それこそ『イタリアの美女』101人が一同に集まり、一週間近くをかけて『イタリアで最も美しい』人を選ぶのです。

基本的にミスは誰でもいいんですが、今回は真剣に色んな質問を友達に浴びせながら、この『イタリアの一大イベント』を観察&考察してみました。
選考のテレビ放送は全3回、3日おきくらいにRAI UNO(国営放送)で全国放送。1回目は101人から60人を選出。2回目は60人から30人。最終回は途中落選した中から10人が復活して計40人から、イタリア一美しい人が選ばれます。

その間も、ダンスの練習風景や友達とのおしゃべり、インタビューの模様、参加者同士での食事の様子など、ドキュメンタリー風の番組が毎日放映されています。
最終選考会のテレビ放映が終わったのは、なんと夜中の1時。それでも視聴率は84%なんです!

僕は最終日の模様を友達4人と一緒に鑑賞。当然みんなお気に入りを選択して、その人を応援していきます。僕は今後の勉強のために(ホントか?)、電話投票もしてみました。指定の電話番号にかけると『あなたの投票したい人の番号をプッシュしてください』という音声のあと『46』などと押します。
当選したのは去年と同じくトリノの女の子。全く可愛くないので僕たちの間ではかなりブーイングでした。でも2位に入ったシチリア出身の女の子はかなり『ずる賢く』、自分を綺麗に写すコツを知っていて、受け答えにソツがない『ぶりっ子タイプ」。しかもシチリア出身の子はシチリア中が電話投票するので優勝する確率が高いというジンクスがあるので、それよりかは良かったとの結論。

イタリア人の見方はかなりシビアで、僕なんかは顔だけしか目に入んないんですが、肌の色、髪の色、髪質、目の色、唇の厚さ、胸の大きさ・形、腰回り、脚の形などなど、かなり注文が多いです。
『この子は、髪が巻き毛で栗色、目の色は緑だな。でもこのねじれた脚の形じゃ優勝は無理。あとお尻の肉が少なすぎ』ってな感じ。コ、コワイ!
女友達だって平気で『この子がなんで30人に残っているの?見てよこの大きいあご、それに重たそうな腰でマンマみたいな体型。きっと幼稚園児が投票するわね』。コ、コワイ。。。

あまり可愛くない優勝者を見ての結論は、男の視線で見てはダメということ。視聴率84%なんだから老若男女が見ています。マンマやパパ、爺婆にも受ける『シィンパティーア(simpatia 好感度)』が必要なんです。

イタリアでなぜミスがこれほどまでにメジャーイベントなのかというと、イタリアは『外見重視』の国だからです。
イタリアでは、美しい人、カッコいいマッチョは将来安泰です。本当に。
ミスになると、まず『カレンダー(イタリア語でカレンダーリオ calendario)』の仕事が来ます。イタリアではこの毎年発売される『カレンダーリオ』に自分のヌードを載せることが非常に重要なのです。イタリアでは『カレンダーリオ』=『女性(もしくは男性)のヌード・カレンダー』となります。

実際、若い女の子では『私の夢はカレンダーリオ』と答える人が少なくありません。
『カレンダーリオ』の次に訪れるのが、テレビの仕事。次回のミス・イタリアが決まるまで引っぱりダコです。うまく行くと映画出演、歌手デビューなどなど将来が開けてきます。実際、有名なイタリア女優さんのなかにはミス出身の人が少なくありません。

a0001226_17122625.jpg
今回、特にこのミス・イタリアの『影響力』を思い知らされたのが、テレビ番組中に司会者がしきりに『票の調整(coordinamento)はありません!』と言っていたこと。確かに賄賂&コネ社会のイタリアでは、このミス・イタリアの選考にもなんらかの圧力があって当然だと思います。
また『国内で人気の高いユーヴェを支持すれば、投票者の支持を得やすいのでは?』という話も出てきました。
今週からこの『キアーラ・マショッタ( Edelfa Chiara Masciotta )さん』をテレビで見かけることが多くなることでしょう。
彼女は予選の時に『私は、今の恋人と別れるなんて考えてないわ』と言ったのが話題になりました。ミス・イタリアは優勝すると元カレを捨てサッカー選手とくっつくことが多いです。

最後に優勝者のプロフィールを翻訳(僕が驚いたのはその若さと身長の高さ!)。
トリノ出身&在住。1984年2月14日生まれ。栗色の髪と目で、身長は176センチ、水瓶座。法学部に通うが夢は女優もしくはバレリーナになること。ミス・ピエモンテに選ばれた彼女はスポーツが好き:実際に陸上競技、水泳、スケートをこなし、サイクリングを好む。自分を『穏やかで繊細で毅然としている』と表現。

ミス・イタリアの公式サイト(http://www.missitalia.rai.it/)に101名全員の写真とプロフィールがあります。ぜひ感想をお待ちしています。(美女一覧はこちらをクリック
ちなみに僕のお気に入りは写真の46番。最後の10人まで勝ち残りました。ハイ。

PS. 今回、審査員長をつとめたのは、なんとあの『ブルース・ウィルス』!なんで?って感じですが、一大エンターテイメントです。盛り上げるだけ盛り上げようって魂胆。でもブルースはわからないイタリア語で結構からかわれたり、一緒に歌を歌おうなどと舞台に誘われたりとちょっと可愛そうでした。
でも、さっそく翌日にはイタリアの若い美女といちゃついている写真をスクープされてました。ハイ。

---------------------------------------------------
イタリア留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
イタリア語を勉強している人のために、イタリア語タイピングソフトを作りました。
日本語の問題にイタリア語で答える。楽しみながらイタリア語を暗記できるはず!?
http://www.belgiappone.com/typing/
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-09-27 17:12 | イタリアの変な習慣
カルチョ観戦してきました。
a0001226_22302314.jpg

フィレンツェの友達が先週、カルチョ(calcio サッカー)のチケット(biglietto ビリエット)をプレンゼンとしてくれ、一緒に今季初の観戦に行ってきました。
(なんていい友達なんだ!!!Ti amo, Francesco!!!)

対戦カードはフィオレンティーナvsウディネーゼ(Fiorentina vs Udinese)。イタリア・カルチョは以前からティフォーズィ(tifosi 熱狂サポーター)の暴動が目立ち、世界情勢的にテロ対策も必要であることから、今季から全チケットに観戦者の名前が印刷されるようになり、入場の際には一応身分証明書(外国人の場合はパスポートなど)が必要となりました。

当然、今季リーグ開幕前は大混乱となり、今回もスタジアム前は入場者でごった返してました。入口ではカラビニエーリ(carabiniere 国防省警察官)が列をなしていて、荷物検査もあります。(一応ライターの持ち込みは禁止ですが、当然みんなタバコの為に持ち込んでます・・・)
席はクルバ(curva カーブ)の普通席。価格は18ユーロでした(アリガトー、フランチ!)。
a0001226_22304015.jpg
クルバは席が一番安いだけあって地元の人で満員となり、熱気があって一番楽しい観客席です。ただ熱狂的になりすぎて暴動が起きるのもこの席が多い・・・。
1時間前に入場しましたが、もう既にかなりの熱気。ウディネーゼの選手がウォーム・アップのために入ってくると皆一斉にブーイング。フィオレンティーナ入場の際は、拍手喝采、大合唱が始まります。
試合開始は午後3時きっちり(イタリアで唯一守られる時間はサッカーのキックオフだけだと思います)。その頃にはファンは皆総立ちで大合唱。僕にはキックオフのホイッスルが全く聞こえず、知らぬ間に試合が始まってました。
試合内容は、フィオレンティーナがホームゲームということもあり、落ち着いた試合運び、1点を先制されたものの、最終的には4−2で完勝でした。
a0001226_22295324.jpg
点を入れる度にファン同士で抱き合い(隣に美女がいると徳かも)、大合唱。熱狂的なファンたちは、プラスチックで囲まれたウディネーゼファンの所にわざわざ行き、中指を立てたり、お尻を叩いたり、罵声を浴びせたりして相手ファンの怒りをあおります・・・。
応援の歌は試合中ずっと歌いっぱなしなんですが、この歌詞がスゴイ!『汚いウディネーゼはウーディネにすぐ帰れ!(実際はもっともっと下品です)』や放送禁止用語の罵声を飛ばし合います。

試合後、帰り道は勝利の喜びを分かち合うために、車・バイクは皆クラクションを鳴らしっぱなし、警察官が交通整理をしているんですが、平気で対向車線を逆走して帰ります。
僕たちはバイクでの帰途だったので残念ながら、ヴィオラ(フィオレンティーナ)の旗をひるがえして帰る車&バイクの集団を写真にとることができませんでした。
次回はフィオレンティーナvsユベントスのもっと白熱した&危険な試合を見に行こうと思います。乞うご期待!!!

---------------------------------------------------
イタリア留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
イタリア語を勉強している人のために、イタリア語タイピングソフトを作りました。
日本語の問題にイタリア語で答える。楽しみながらイタリア語を暗記できるはず!?
http://www.belgiappone.com/typing/
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-09-22 22:31 | イタリア在住日記
イタリア人の文字は解読困難…
a0001226_22423183.gif


イタリア人の文字は解読困難…

ヨーロッパ人の書くアルファベットや数字は個性的で、よく読み取るのが難しいことがあります。
とくにイタリア人は人柄同様、迷惑なくらい個性的を大噴出し、奇怪な文字を書く人が多く、イタリア人同士、友達同士でも解読が難しいことが多々あります。
身近な例では、旅行して『イル・コント、ペルファヴォーレ (il conto, perfavore 会計お願いします)』と、カミリエーレ(camiriere)が持ってきた伝票の数字が読み取れず『これって700ユーロじゃないよね?100ユーロだよね?』なんて経験をした方も多いかも・・・。
今回は、友達が僕の家に残したメッサッジョ(messaggio メッセージ)を実例に、ぜひ皆さんにも驚いてもらいたいと思います。
彼は字が汚い訳でなく、どちらかと言うと綺麗な文字を書きます。でも走り書きした文字は、ほんと、全速力で走っている感じです。
ちなみに、下に回答を書きますが、まず画像からぜひ自力?で解読してみてください。はっきり言って困難きわまりないです。僕はこの短いあいさつ程度のメモを読むのに三日三晩頭を抱えました(←ウソ)。
手紙は書いた本人の了承を得て、一切僕は手を加えてません。寄り目をしても読み取れるというものではないのでアシカラズ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ciao Tsuyoshi, & grazie ancora per l'aiuto di questi giorni.
Scusa se non Ti ho parlato molto, ma avevo un inferno di cose ieri da fare.
Ci vediamo fra qualche giorno.
Vorrei copiare il Tuo video & i tuoi 2 DVD !!
A PRESTO
ANDREA☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やぁツヨシ、ここ数日手伝ってくれて本当にありがとう。
あまり話せなくてごめんね、昨日はやることが地獄のようにあったんだ。
数日後に会おう。
君のビデオとDVD2枚コピーしたいな。
またね。
アンドレア☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今見直しても凄まじい!暗号化技術に応用したいくらいです。ちょっと解説。
<2行目> X はper と発音して、算数の×(掛ける)をper と言うことから、per の代わりによくX を使います。
<4行目> Parlato の(P)はかなり難攻不落。これを一発で読み取った方には賞品を贈呈します(←ウソ)。
<5行目> avevo これはイタリア語の文法を知っていればわかるけど、文字からだけでは判断不可能。文字かどうかも判断困難。
<5行目> inferno =地獄と言う意味だが、infeまでは読めても後は想像の世界。イタリアではファンタジーを膨らまそう。
<6行目> ieri これもかなりハイレベル。(r)はほとんど跡形なく粉砕されています。落書きのようにも見えるが文字である。
<最終行> DVD 唯一まともに読める文字はこれだけ。

皆さんの正解率のほどをお待ちしております。ハイ。

---------------------------------------------------
イタリア留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
イタリア語を勉強している人のために、イタリア語タイピングソフトを作りました。
日本語の問題にイタリア語で答える。楽しみながらイタリア語を暗記できるはず!?
http://www.belgiappone.com/typing/
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-09-15 22:43 | イタリアの変な習慣
イタリアの病院はカフェが充実
a0001226_19411879.jpg


先日、怪我に遭い、病院に通う事になりました。
イタリアの病院はいつも満員で順番を待つのに朝から何時間も待つ必要があります。
朝からいると当然お腹も減る訳で、何か食べものを探していたところ、すぐ目に入ったのが『カッフェ caffe'』。
病院だからってバカにしては行けません。正装したバリスタ(barista)が2人いて、伝統的なカフェ・マシーンで、きちんとしたカッフェを作ってくれます。
カッフェはイタリア人にとって単なる飲み物ではなく、充実した憩いの時間を過ごす時間と場所。カフェを飲まなくては1日が始まらないし、夕食後は必ずカッフェで締めます。
皆それぞれが、カッフェについての哲学を持っていて、入れ方も厳格、スターバックスなどはカフェでないと口を揃えて言います。
病院でもきっと、このカッフェがイタリア人に安らぎを与え、治療に一役買っているに違いないと思いました。ハイ。

---------------------------------------------------
イタリア留学するなら、
世界一美しい丘上都市・オルヴィエートで。
語学・料理コース:www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
イタリア語を勉強している人のために、イタリア語タイピングソフトを作りました。
日本語の問題にイタリア語で答える。楽しみながらイタリア語を暗記できるはず!?
http://www.belgiappone.com/typing/
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-09-07 19:37 | イタリア在住日記
ショッティーニは強い酒。
a0001226_1725918.jpg

以前、フェスタに行ったときの事、併設されたバールに見慣れない文字が・・・
『sciottini da 2euro a 3euro』。
友達に聞いたところ、ショットとは日本と同様に『強い酒』の意味。ジン、ウォッカ、グラッパなどを指します。
ショッティーニは小さいショットという意味で、小さなグラスに一口程度の強壮酒を入れてくれます。
英語の『shot』でなく同じ発音のイタリア語当て字『sciotto』と書いてあるところが何とも可愛いです。ハイ。

---------------------------------------------------
イタリア語を勉強している人のために、イタリア語タイピングソフトを作りました。
日本語の問題にイタリア語で答える。楽しみながらイタリア語を暗記できるはず!?
http://www.belgiappone.com/typing/
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
[PR]
by orvieto2002 | 2005-09-02 17:26 | イタリアの変な習慣



イタリア生活、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しく伝えます。
by orvieto2002
今日の僕の順位!!いい感じ。
blog ranking

堂 剛(ドウ ツヨシ)
1972年東京生まれ
2004年よりイタリア在住
フリーライター、Webデザイナー、翻訳・通訳、ツアーコーディネート

イタリアやオルビエートに関してお気軽に質問ください。原稿依頼、通訳・翻訳依頼、取材等もこちらのメールへお願いします。
tsuyoshi@belgiappone.com
tel: +39 347 9920 929


フィレンツェのアパートメント
ミラノの良好ホテル CLOMBIA
ローマのお勧めホテル Varrone
フィレンツェ Hotel Executive
オルビエートのホテル Maitani
美術館の無料予約代行します
ローマから日帰り旅行
イタリア旅行の質問掲示板


イタリア旅行情報サイト
イタリア旅行情報サイト アーモ・イタリア

ネットでイタリア語を勉強する
ネットでイタリア語

イタリア語の本と映画を紹介
イタリア語お勧め本・映画

イタリアからニュース発信!
Love Italy News

ミラノの歩き方・旅行情報
アーモミラノ

» イタリア料理教室ラ・ミモーサ
» フラワーアレンジメント教室
» Travel Guide AMOITALY
» フィレンツェのアパート
カテゴリ
全体
イタリアの質問に答えます
イタリア在住日記
イタリアから見た日本
イタリアの面白話
イタリアの変な習慣
イタリアで発見変なもの
レストラン・食・町案内
美しい街オルビエート
イタリア発信ニュース
イタリア写真集
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
美味しいイタリア語三昧
イタリア料理留学日記
Lo Spezzino
いいこと日記 幸せへの道
もぐもぐイタリア!
食卓から愛をこめて
たくさんのありがとうを君に…
newgrange
猫と地中海
ガジュマルの木陰で
たとえばこんな■イタリア語
マレーシアJB便り
ラ ドル知ヱ 美ータ。
diario dello...
◆◇イタリアに恋して◇◆
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧