BelGiappone
             
           
           
<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
フィレンツェの美味しいレストラン紹介「Mangiafoco」
Firenze ristorante mangiafoco


フィレンツェ大好き、食べること大好きな僕が、つい先日とっても美味しいお店を見つけました。その名は「Mangiafoco(マンジャフォーコ)」。お店は9年前からあるそうで、何度も店の前を通っていたけど、カフェ風の入り口に僕の食いしん坊アンテナが反応しなかったようです・・・。でも今回この味を発見できてとても嬉しいです!


この店は安くて、本当に美味しいです。パスタは6ユーロから、メイン料理も7ユーロから食べられます。お店の雰囲気はとても可愛く、小さなオステリアといった感じ。日本人女子は間違いなく好きになる内装と造りです。そして店員さんがとても感じ良いんです。左がアルゼンチン人のマッシミリアーノさんで、右がアメリカ人のカティー・ジェーンさん。二人ともチャーミングで話し方もおっとり。メニューの説明も注文の取り方もとても丁寧です。


フィレンツェ在住者にもお勧めです!
フィレンツェ在住の方、留学生も、この店に入ったことがない人が多いのではないかな。ここは安いし雰囲気良くて穴場です。特に日替わりランチメニューが美味しくてお得。こぢんまりした店内はデートにも最適ですよ、若者たち!

Firenze Mangiafoco secondo
僕が食べた「鶏胸肉のレモンソース・ズッキーニ添え」。
ソースの酸味が爽やかでとっても美味しかった。これで6.5ユーロです!


そして、元から安いランチですが、なんと割引までしてくれます。詳しくはアーモイタリアの「フィレンツェ Mangiafoco」のページを読んでね。でもとても安いから、料理とサービスに満足したひとはぜひチップ置いていってあげてね。僕からのお願いです。
行かれた方コメントくださいな。きっと気に入ってくれると思います。ハイ。


【2010年2月27日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】


mangiafoco
Borgo SS. Apostoli 26r, Florence Italy
ランチ 12:00-15:00
アペリティーボ 18:00-22:00
定休日:日曜日
詳しくは「フィレンツェのレストラン Mangiafoco」のページを読んでね。

編集後記:僕は良くお店の紹介記事を書くけど、お店からは1円ももらっていないよ。個人的に気に入ったお店だけを紹介しています。だからこの店美味しいんだって!

[PR]
by orvieto2002 | 2010-02-28 19:09 | レストラン・食・町案内
ブタがいた教室、その後について
ヴェネツィアのカモメ
ヴェネツィアで見たカモメ



先日書いた『教育?生き物を殺すということ』にはたくさんのコメントありがとうございます。皆さんの異なる様々な意見を拝見してとても参考になりました。以前から感じていることだけど、日本人は食事に対してとても厳格ですよね。良い面はたくさんあるけど、もう少し柔軟になっても良いかなと思っています。コメント欄に返信を書くよりも、新たな記事を起こした方が良いかなと思って、本記事を書きます。


僕ももちろん「命の大切さ」や「食べることへの感謝」という教育は必要だと思います。それは身の回りのものを良く観察して、僕たちの食事がどのように作られているかを知り、たくさんの命や労働や資源の上に成り立っていることを考えることだと思います。戦後の日本は「豊かさ」を得た代わりに「大切さ」を感じにくい社会になってしまいました。毎日何トンもの残飯を廃棄している同じ地球上に、毎日飢餓で死んでいる子供たちがいる。これは教室でもよく考えなければならないと思います。


でもここで僕が疑問に思うのが、12才に満たない小学生がブタを飼って、そのブタを最終的に食べるという教育は必要なのかということです。
賛成の人は「尊い命をいただくという事実をもっと知るべきである」と言うけど、知ることと殺すことは違うと思うのです。


1年間、子豚と過ごした子供たちは最後に「Pちゃんを殺さないで・・・」と泣き叫びます。当然でしょう。でも大人たちは「これは食べるために飼ってきた豚だから殺して食べるんだよ」と言います。鶏も豚も牛も殺して食べていますが、小さな子供たちが友達のように育てた豚を殺す必要性はないと思います。「なんでPちゃんを殺すの?」という子供たちの声が真実です。Pちゃんを殺さなくても食べることの大切さは十分に伝わりました。殺さないことで「命の尊さ、大切さ」を教えるべきかと思います。


いろんな意見があると思います。でも教育は「愛」を無視しては成り立たないと思います。子供たちの必死な声を第一に考えるのが教育の原則だと思います。


【2010年2月22日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】

フィレンツェのホテルが最大25%オフで泊まれます!

いつもお世話になっているフィレンツェのホテルから連絡があって、4月、5月、6月の宿泊を最大25%オフにしてくれるそうです。詳しくはアーモイタリアの「フィレンツェ Hotel Executive」をご覧ください。
小さくて豪華で、フィレンツェで一番お勧めのホテルです。

[PR]
by orvieto2002 | 2010-02-24 16:13 | イタリア在住日記
教育とはなにか。ブタがいた教室
フィレンツェ・ベッキオ宮殿
最近フィレンツェに良く来ています。やっぱりフィレンツェ好きだなぁ~。



今日、フィレンツェに来る列車の中で2008年公開、前田哲監督、妻夫木聡主演の『ブタがいた教室』という映画を見ました。あらすじは、小学校の新任教師が担任である6年生のクラスでブタを飼い育て、卒業時に自分たちで食べるという授業を始める。子供たちはその子豚をPちゃんと名付け、世話をしながら1年間をともにするが、子供たちは大人たちは最後にどんな判断をするのか。


この話は実話を元にしているらしいです。映画自体は少々退屈で僕はちょっと幼稚に感じられたのだけれども、最後まで腑に落ちないことがありました。


この「特別授業」を賛成する大人たちにとっては、生命の尊さ、生きる上で食べることの大切さ、感謝の気持ちを子供たちに学んで欲しいという発想の教育なんでしょう。でも、ブタに名前を付けて、一緒に遊んで、病気になれば悲しんで、共に生活する・・・これは普通「ペット」と言います。そしてペットはどんなことがあっても守るべき「家族」なのです。ペットをいじめること、殺すことは「虐待」です。


なんでこんな残虐な方法で子供たちを教育するのか。その人たちは「命の本当の尊さを分かってもらうため」と言うけど、これは完全に(残虐な)大人の押しつけでしかないと思います。人を育てるということは、まず一番の根底には絶対的な「愛」が必要だと思うのです。愛されても殺されるなんて絶対にあってはならないこと・・・。大人たちに振り回されながらこういう世界を生き抜く子供たちは本当に大変だと思います。


【2010年2月15日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】
[PR]
by orvieto2002 | 2010-02-15 21:17 | イタリア在住日記
バチカンとサンピエトロ大聖堂の逸話
バチカン、聖ピエトロ寺院



バチカンの夜が好きというコメントをいただいたので、サンピエトロ寺院の写真を掲載します。
いつも混雑しているサンピエトロ広場は夜になると人気(ひとけ)が一気になくなり、闇に浮かぶ巨大な寺院が姿を現します。


ここでちょっとペトロにまつわる話を書きます。僕は無宗教ですがカトリックの物語は奥が深くて読み込んでみるとなかなか面白い。少しでも歴史を知っていると聖ピエトロ寺院を見たときの感動が大きく変わるよ。


続きは『 夜のバチカン、サンピエトロ大聖堂とペトロの話 』を読んでね。聖ピエトロ大聖堂のことを分かりやすく解説しています。
[PR]
by orvieto2002 | 2010-02-12 01:29 | イタリア写真集
大人な雰囲気が漂う、夜のトレヴィの泉
トレヴィの泉
ローマの夜景の美しい名所その(3)は、誰もが知っているトレヴィの泉だ。



トレヴィの泉って、日中は子供向きのテーマパークのような陳腐さがあるんだけど、日が暮れて観光客が減る時間になるとぐっと大人のムードになります。これがうっとりする美しさなんだよな。夜中にふと目が覚めてトイレに行くと、居間から明かりがもれていて、大人たちがつまみと一緒に楽しそうにお酒を飲んでいる、なぜかそんな光景がよみがえります・・・。


続きは『 ムードたっぷり、夜のトレヴィの泉
[PR]
by orvieto2002 | 2010-02-08 02:24 | イタリア写真集
イタリア発信:夜のローマと美しい女性の面影
ローマのパンテオン広場
何度も言うよ!ローマは夜だって!(パンテオン神殿より)



ちょっと長文が続いたので、息抜きのためちょっと写真を披露して行きたいと思います。何人かから質問されたんだけど、たまに僕の写真に「著作権のクレジット」が入っています。これは別にいじわるではなくて、仕事で撮った写真で出版物に使われているため、僕も許可を得て掲載しているのです。


僕は写真のプロではないので、ネットにアップしている写真は誰に使ってもらっても構わないし、クレジットを入れて自己アピールするようなセコイまねはしません(笑)。まぁ、たとえ僕がプロの写真家になってもネット上の画像にはコピーライトは入れないですよ。


続きは『 イタリアより、ジャズが流れるローマの夜 』を読んでね。
[PR]
by orvieto2002 | 2010-02-05 04:55 | イタリア写真集
イタリアで仕事を見つける8つの方法
Orvieto オルビエート


予告通り、僕がイタリアでどうやって仕事を見つけたかを役立つハウツー風に分析して書こうと思ったのですが、あまり役立ちそうもないので、まあ、筆の進むままに僕の仕事の体験談を書いていきたいと思います。誰にでも楽しめる内容にしたいと思ったのですが、はっきり言って無理!!!自信を持って言います、今から書く文章は面白くなく、そして役に立ちません!!!

ということで、洗濯機の回転ドラムを眺めるのに飽きた方、仕事中の隠れテトリスに疲れた方、辞職願を引き出しに隠し持ってモンモンとしている方はお読みください。


続きは『 イタリアで僕はこうやって仕事を見つける(面白くない話) 』を読んでね
[PR]
by orvieto2002 | 2010-02-01 01:57 | イタリア在住日記



イタリア生活、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しく伝えます。
by orvieto2002
今日の僕の順位!!いい感じ。
blog ranking

堂 剛(ドウ ツヨシ)
1972年東京生まれ
2004年よりイタリア在住
フリーライター、Webデザイナー、翻訳・通訳、ツアーコーディネート

イタリアやオルビエートに関してお気軽に質問ください。原稿依頼、通訳・翻訳依頼、取材等もこちらのメールへお願いします。
tsuyoshi@belgiappone.com
tel: +39 347 9920 929


フィレンツェのアパートメント
ミラノの良好ホテル CLOMBIA
ローマのお勧めホテル Varrone
フィレンツェ Hotel Executive
オルビエートのホテル Maitani
美術館の無料予約代行します
ローマから日帰り旅行
イタリア旅行の質問掲示板


イタリア旅行情報サイト
イタリア旅行情報サイト アーモ・イタリア

ネットでイタリア語を勉強する
ネットでイタリア語

イタリア語の本と映画を紹介
イタリア語お勧め本・映画

イタリアからニュース発信!
Love Italy News

ミラノの歩き方・旅行情報
アーモミラノ

» イタリア料理教室ラ・ミモーサ
» フラワーアレンジメント教室
» Travel Guide AMOITALY
» フィレンツェのアパート
カテゴリ
全体
イタリアの質問に答えます
イタリア在住日記
イタリアから見た日本
イタリアの面白話
イタリアの変な習慣
イタリアで発見変なもの
レストラン・食・町案内
美しい街オルビエート
イタリア発信ニュース
イタリア写真集
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
美味しいイタリア語三昧
イタリア料理留学日記
Lo Spezzino
いいこと日記 幸せへの道
もぐもぐイタリア!
食卓から愛をこめて
たくさんのありがとうを君に…
newgrange
猫と地中海
ガジュマルの木陰で
たとえばこんな■イタリア語
マレーシアJB便り
ラ ドル知ヱ 美ータ。
diario dello...
◆◇イタリアに恋して◇◆
以前の記事
2016年 01月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧