人気ブログランキング |
BelGiappone
             
           
           
<   2004年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
イタリアのタバコ事情
a0001226_18157100.jpg
イタリアの喫煙率はとても高い・・・・と思います。正確な数字は知らないんだけども、生活していて感じるんで、きっとイタリア人が統計をとって(インダージネ indagine)発表する数字(ヌーメロ numero)より正しいのでは、と思います。
夜、外をあるいていたりすると、乳母車をおした若いママ(マンマ mamma)がへそ出しルックでタバコ(シガレッタ sigaretta)を吹かしています。(へそ出しルックについては改めて書きますね。)
でも喫煙者(フマトーレ fumatore)にとっては、他のヨーロッパ諸国と同様、とても肩身の狭い状況になっています。
まず、課税率が高く、高価である。だいたい2.80ユーロ〜3.50ユーロ。1ユーロ135円くらいだから、400円〜480円くらい。
あと法律が改正されて、公共施設内での喫煙が禁止(ヴィエタート vietato)となりました。バールやリストランテも中は禁煙。
それで、写真(フォート foto)も掲載しましたが、結構ドキッとくる言葉が書いてあります。(強烈なんで直訳します)
(表)Il fumo uccide. タバコの煙は殺します。
(裏)Proteggi i bambini : non fare loro respirare il tuo fumo. こどもを守れ:君の煙をこどもに吸わせるな。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら
www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
by orvieto2002 | 2004-07-20 17:59 | イタリアの変な習慣
イタリアでも夏はこれでしょ!!
a0001226_164747.jpg日本で夏と言って思い出すのがスイカだが、イタリアの夏(エスターテ estate)も当然スイカ(ココーメロ cocomero)が登場するんです。
楕円形をしていて、なんだか田舎のスイカを思い出すんですが、見た目も味もほとんど日本と一緒です。個人的な感想を言うと、日本のより味が濃くて美味しい気がします・・・。
きっと夏の太陽(ソーレ sole)が強く(フォルテ forte)って、たっぷりと日差しを浴びたからだろう、と思っています。
フランスは農業国として有名ですが、イタリアの野菜(ヴェルドゥーラ verdura)や果物(フルッタ frutta)も負けじと美味しいんです。
なんて言うか、日本みたいな機械的な規格がなくって、サイズはバラバラ、でも味が濃くって、これぞ野菜!これぞ果物!って主張があるんです。ホントに。
ニンジン(カロータ carota)なんかは、細く小さく、昔ながらの野菜って感じで、味も強くって、ごぼうや朝鮮人参のような力強い味(サポーレ sapore)がします。
イタリアに来た際は、スーパー(スーペルメルカート supermercato)で果物や野菜を買って、ぜひホテルで味見してみてください。驚くほど安くって、美味しさにビックリですよ。

---------------------------------------------------
イタリアでイタリア語を学ぶなら
www.linguasi.jp
---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
by orvieto2002 | 2004-07-19 16:49 | イタリア在住日記
えっ!イタリアのお昼休憩
a0001226_11927.jpgイタリアには、スペインで言うところのシエスタ、つまり、お昼休憩(リポーゾ riposo)があります。
これがバール(bar)を除いて、ほぼ全ての店(ネゴーツィオ negozio)に適用されます。
スーパーマーケット(スーペルメルカート supermercato)、パン屋さん(パネッテリーア panetteria)、タバコ屋さん(タバッカイオ tabaccaio)はあたりまえ、銀行(バンカ banca)、郵便局(ポスタ posta)、警察署(クエストゥーラ questura)にいたるまで・・・です。
銀行や警察署も・・・って。おいおい。
お店の前には必ず開店時間の書かれた時間割(オラーリオ orario)が下がっているんですが、ここオルヴィエートは、夏だと、だいたい14:30〜17:30まで休憩なんです。ハイ。
お店の人は3時間ほどのランチ+お昼寝をするです。・・・・・・(ムゴン)。
最初慣れないと、ご想像のとおり、結構不便です。例えば手紙を書こーって思ってもハガキ買えないし。遅いランチを取ろうにもスーパーがキューゾ(chiuso 閉まってる)だし。タバコが切れるとアペルト(aperto 開いている)のバールを探さなくてはいけません。
イタリア人にとっては当たり前、日本人にとってはなかなか馴染めない習慣です。良いか悪いかは別として、もうちょっと頑張っても良いのでは?と思うんですが・・・。

---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
by orvieto2002 | 2004-07-19 01:20 | イタリアの変な習慣
暖炉は必需品?
a0001226_01920.jpgイタリアの家の暖房は(リスカルダメント riscardamento)、たいていオイルヒーターです。普通の家庭でエアコン(アリア・コンディツィオナータ aria condizionata)を見た事がありません。でもこのオイルヒーター、なかなか暖まってくれません。
寒い日はつけっぱなしで外出したり、寒くなる前につけておいて寝るとき消すことが必要となります。当然、ガス(ガス gas)代も半端じゃありません。過去一度だけ冬を越した事がありますが、ガス代が家賃を越してしまいました。
東京出身の僕にとっては、ほんとにビックリする事でした。
でも、先週アッパルタメント(appartamento アパート)を見つけて、引っ越したんですが、なんと、この家には『暖炉(カミーノ camino)』が付いています。人生の中で初めてのマイ暖炉です。
イタリアの家には、暖炉がよく付いて、これがよく似合います。インテリアとしてもとても重要(インポルタンテ importante)ですし、防寒対策としても大変役立ちます。もちろん暖炉で料理(クチーナ cucina)もします。なので冬(インヴェルノ inverno)になると、『まき売り』が車(マッキナ macchina)で町を回ります。
今年の冬は温かく過ごせそうです。

---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
by orvieto2002 | 2004-07-17 00:20 | イタリア在住日記
イタリアのエスカレーターって不思議。
a0001226_17192.jpgエスカレーター(スカーラ・モービレ scala mobile)に乗ったとき、左右どちら側で立ち止まります?イタリアは基本的に右(デストラ destra)で止まって左(シニストラ sinistra)から追い越します。でもそこはイタリア人結構ばらばら、ほとんどの人が立ち止まって歩く人は階段(スカーラ scala)を使います。
でもって、イタリアのエスカレーターは、階段と手すりがうまく一緒に動いてくれません。たいてい手すりが先に行こうとしますが、イタリア人はあまり気にしないようです。
また、のぼりのエスカレーターが2基あると1基が故障中(フオーリ・セルヴィツィオ)です。うーん。

---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
by orvieto2002 | 2004-07-14 17:20 | イタリアの変な習慣
イタリアのインターネット事情
a0001226_22219.jpgイタリアに行って困るのがインテルネット(internet インターネット)、あまり発達してないんです。コンピュータ(コンピューテル compiuter)普及率もまだまだ低いですし、あっても家庭ではだいたいがモデム接続です。
僕が住んでいる町が中部の中世の町(オルヴィエートと言います)なので、よけいに遅れています。たとえば、図書館(ビブリオテーカ biblioteca)に一台だけ自由に使えるPCがあるんですが、10年前くらいの骨董品、もちろんADSLではありません。
だから、町の中にはインテルネット・ポイントが結構あります。お値段も安くできます。ローマですと1時間2エウロ(euro ユーロ)くらい。WEBカメラも着いていて、回線も太く、快適です。
ただし、日本語は読めても、日本語は書けません。最近では、自分のPCを自由につなげて使えるインテルネット・ポイントもあります。長期旅行する人は、PCを持っていくのもいいかもしれませんネ。

---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
by orvieto2002 | 2004-07-12 22:22 | イタリアの変な習慣
イタリア人はきれい好き!
a0001226_204554.jpg日本人がもつイタリア人のイメージって、食べて(マンジャーレ mangiare)、歌って(カンターレ cantare)、愛しあって(アマーレ amare)、って感じですが(これを言うとイタリア人は当然反論します...)、こと家のことに関すると異常なまでに真剣です。
マンマ(mamma お母さん)が家事全般を仕切ってますが、一人暮らしの男性も、僕が見たところ平均して、家のことをしっかりやります。ほんと家の中をキレーにするのです。
もう、日本の感覚とはちょっと違います。まず家の中を毎日掃除します。当たり前のことですが、それがまた見事なまでにキレイにするんです。僕の友達は、プランツォ(pranzo ランチ)の後に、ガスコンロを真剣に磨き始めます。火力調節のつまみも外して洗剤で洗うほど、気合いが入ってます。
だから、マンマのいる家庭はもっと強力です。食後は必ず床掃除を始めますし(イタリア人はみんなパンクズを床に落としながら食べるんで)、テーブルクロスはもちろん真っ白。チリ一つ落ちてません。
イタリアのマンマをシュウトメに持ったら、さぞかし大変だろうなぁ〜と思う次第です。

---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
by orvieto2002 | 2004-07-11 20:47 | イタリアの変な習慣
イタリアのトイレ事情。
a0001226_04846.jpgイタリアにはあまり公衆トイレがあまりありません。駅には必ずありますが、ちょっと離れると困ります。この季節は暑いから水分を余分にとると、当然近くなるんです。トイレが。
そんなときは、迷わずバール(カッフェ caffe`)に駆け込みます・・・涼しげな顔で。そして、カフェを一杯飲んだ後、さりげなく、トイレどこですか?(ドーヴェ イル バーニョ dov'e` il bagno?)と聞きましょう。
あんまりガッツクと、トイレだけ使って何も注文しないのでは?と思われて、「トイレはいま故障中なんだよね。。。」なんて返事がかえってきます。
コツは、なんといっても笑顔です。ハイ。

---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
by orvieto2002 | 2004-07-09 00:50 | イタリアの変な習慣
イタリア人はケータイ大好き。
a0001226_32720.jpgイタリア人は話すとほんとに止まりません。お話大好き。人の話ほんとに聞いてんの?って思うほど、ペラペラとよく舌がまわります。バスの中にも『運転手に話しかけないでください』の張り紙が必ずあります。つい話しに夢中になって、事故を起こしてしまうからなんです。
そんなイタリア人、ケータイ(チェッルラーレ cellulare)が嫌いな訳がありません。大、大、大好きです。若者だろうが、お年寄りであろうが、電車の中だろうが、レストランだろうが、運転中のバスの運転手だろうが、どこでも大声で話しています。
放っておけば、何時間でもお話してるんです。「やぁ、僕のカワイコちゃん、今日のお昼は何を食べたんだい?」、「聞いてよ、また電車が遅れてローマで立ち往生よ。どうしてくれるの?」、などなど。
そして、快適に話すためによくハンズフリーのマイク付きイヤホンを使って話してます。道ばたで身振り手振りで独り言を言っている人をよく見かけますが、それはケータイでお話中なんです。
慣れるまでちょっと気味が悪いですよ。
今、イタリアではカメラ付きケータイが出回ってます。コンサートなどで人だかりの中からニョキッとケータイを持った手が出てたりすると世界共通なんだなと痛感します。

---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
by orvieto2002 | 2004-07-08 03:28 | イタリアの変な習慣
イタリア人は鍵マニア?
a0001226_18010.jpgイタリア人は鍵(キアーベ chiave)マニア?
イタリアの家って立派なんです。なぜって、家に入る前に扉が三つあるんだから。まずアッパルタメント(appartamento アパート)の表玄関。次に中庭にはいるための鉄格子(カンチェッロ cancello)、最後に家の扉。
すると鍵はいくつ必要かって言うと最低3個。もし各扉に2つずつ鍵が付いていたら、さらに3個。ポストの鍵に、物置部屋、車の鍵、自転車に、原付、友達の家、実家の鍵、などなど。。。
キーホルダーにはわんさかと鍵がぶら下がっています。僕が見た最高は、あるおじいさんが20個もの鍵をキーホルダーにジャラジャラいわせていました。カンティーナや仕事部屋の鍵もあるそうです。
だから彼らは家に入るときによく鍵を間違えて、立ち往生します。そんならもうちょっといい方法があるんでは?と思っちゃいます。

---------------------------------------------------
Per gli italiani che studiano il giapponese
www.belgiappone.com
---------------------------------------------------
by orvieto2002 | 2004-07-06 18:01 | イタリアの変な習慣



イタリア生活、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しく伝えます。
by orvieto2002
今日の僕の順位!!いい感じ。
blog ranking

堂 剛(ドウ ツヨシ)
1972年東京生まれ
2004年よりイタリア在住
フリーライター、Webデザイナー、翻訳・通訳、ツアーコーディネート

イタリアやオルビエートに関してお気軽に質問ください。原稿依頼、通訳・翻訳依頼、取材等もこちらのメールへお願いします。
tsuyoshi@belgiappone.com
tel: +39 347 9920 929


フィレンツェのアパートメント
ミラノの良好ホテル CLOMBIA
ローマのお勧めホテル Varrone
フィレンツェ Hotel Executive
オルビエートのホテル Maitani
美術館の無料予約代行します
ローマから日帰り旅行
イタリア旅行の質問掲示板


イタリア旅行情報サイト
イタリア旅行情報サイト アーモ・イタリア

ネットでイタリア語を勉強する
ネットでイタリア語

イタリア語の本と映画を紹介
イタリア語お勧め本・映画

イタリアからニュース発信!
Love Italy News

ミラノの歩き方・旅行情報
アーモミラノ

» イタリア料理教室ラ・ミモーサ
» フラワーアレンジメント教室
» Travel Guide AMOITALY
» フィレンツェのアパート
カテゴリ
全体
イタリアの質問に答えます
イタリア在住日記
イタリアから見た日本
イタリアの面白話
イタリアの変な習慣
イタリアで発見変なもの
レストラン・食・町案内
美しい街オルビエート
イタリア発信ニュース
イタリア写真集
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
美味しいイタリア語三昧
イタリア料理留学日記
Lo Spezzino
いいこと日記 幸せへの道
もぐもぐイタリア!
食卓から愛をこめて
たくさんのありがとうを君に…
newgrange
猫と地中海
ガジュマルの木陰で
たとえばこんな■イタリア語
マレーシアJB便り
ラ ドル知ヱ 美ータ。
diario dello...
◆◇イタリアに恋して◇◆
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧